文字サイズ: 小 中 大

今週も小鹿野町を回っています。

text by

小泉龍司

2006.05.11

場所によっては鴬の鳴き声が聞こえ、八重桜が咲き、菜の花や藤、やまつつじが咲き、珍しい桐の花も咲く、本当に美しい里がいくつもあります。
一年で一番良い季節かもしれません。足がどんどん前に進み、昨日は夜8時まで今日も7時半まで回ってきました。
みなさんの固い握手も力を与えてくれます。
その中で、91歳のおばあちゃんの握手。これが本当に強力でした。
私もかなり強く手を握る方で、まだ新人で慣れない頃、一生懸命握手した相手の女性の方が指を痛めて、医者に行ったということが二度あり、それ以来気をつけていますが、おばあちゃんの握手は、小さい手でぎゅーっぎゅーっと握り、握手の後、私の手の平には痛みと二本の筋がくっきりと残りました。
今まで何万人もの方と握手しましたが、私の手に跡が残ったことはありませんでした。信じられない思いでありました。
毎日歩くと、こうして、驚きと感動に出会えます。
次の選挙まで、私の旅は続きます…。