文字サイズ: 小 中 大

ミニ集会(12月3日、本庄市旧児玉町)

text by

小泉龍司

2008.12.08

 12月3日、本庄市の個人宅でミニ集会を開かせて頂きました。とてもアットホームな雰囲気の中で、私の話を聞いて頂き、懇談させて頂きました。
 思い起こしてみると、平成8年の衆院選挙初出馬から平成12年の初当選までの間、こうした個人の方のお宅をお借りしてのミニ集会を1,000回近く開かせて頂き、そのご縁が広がる中で、現在の後援会が順次、各地に発足することになりました。ミニ集会の最も良いところは、双方向の会話ができることです。
 私の話はなるべく短くして(これがなかなか難しいのですが!)、むしろ私が参加者の皆様から教えて頂くことを心がけています。
 皆様のお話を伺うことは、本当に勉強になります。この日も、私がお手伝いさせて頂いている新幹線本庄駅周辺の区画整理事業の状況について、詳しく教えて頂きました。「現場」にいらっしゃる方々のお話ですから、本当に貴重であり、参考になります。
 後援会が広がってからは、どうしても30人~100人の対話集会が中心になってきていますが、他方で、原点である「ミニ集会」の重要性を改めて認識しました。
 皆様方におかれましても、機会がありましたら是非お声がけ下さい。
 よろしくお願い致します。