文字サイズ: 小 中 大

上里サービスエリア・スマートインターチェンジの早期実現を上田知事に要望しました(12月27日)

text by

小泉龍司

2010.12.28

 上里町においてかねてより検討、準備が進められてきた、上里サービスエリア・スマートインターチェンジの早期設置に向けて、関根上里町長、丸山県議とともに、上田清司知事に支援の要望を行いました。
 上里サービスエリアは、関越道・本庄児玉インターチェンジと藤岡インターチェンジの間(10.8km)のほぼ中間地点に位置しており、ここにスマートインターチェンジを開設することができれば、地域の活性化に大きく寄与すると考えられます。
 特に上里サービスエリア周辺地区では、平成18年度に上里町土地開発公社が産業団地等を設置するために、17.6haの用地買収に着手しています。併せて、産業団地にアクセスする町道整備も進められています。
 スマートインターチェンジの設置は、産業団地への企業誘致の「切り札」になることが期待されています。早期実現に向けて、これまでも国土交通省などに強力に働きかけを行ってきましたが、今回上田知事より、先月要望を行った寄居パーキング・サービスエリアとともに、全面的に支援する旨の回答を頂くことができました。

写真1