文字サイズ: 小 中 大

東秩父村・和紙の里文化フェスティバル

text by

小泉龍司

2012.05.21

 東秩父村は、歴史的に和紙の里として有名です。
 日本の和紙は、古くから絵画の高級素材として、欧米の芸術家から求められてきたという史実があります。
 芸能、文化の源となってきた和紙を生産する技術を蓄え、承継してきた東秩父村は、そういう意味で文化の里でもあります。
 年に一度の村民祭のような形で、今年も文化フェスティバルが開催されました。素晴らしい絵画や版画展も見せて頂き、快晴の青空の下で、太鼓の演奏や「よさこい」が会場を大いに盛り上げていました。