文字サイズ: 小 中 大

「小規模事業者・持続化補助金(中小企業庁)」地元への導入について、お手伝いしています。

text by

小泉龍司

2014.05.21

1.今年度、中小企業庁の事業として、小規模事業者が商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用を支援するための「小規模事業者持続化補助金(総額60億円)」事業が実施されることになりました。

2.第1次受付分は3月28日に締め切られましたが、5月2日、その採択事業者が発表されました。埼玉県内では125件、秩父郡市・児玉郡市・深谷市・寄居町の地域では39件が採択されました。

3.また、既に地元の各商工会および商工会議所には、ご案内させて頂いていますが、別途、2次受付分の予算枠が設けられています。これについての締め切りは5月27日(火)17時必着となっています。

4.ポイントは、

(イ)地元で一所懸命に事業をされている方への補助金です。(補助率:3分の2、補助上限額:50万円) 
(ロ)例えば、チラシ作成、店舗改修、新メニュー開発などの、新規に事業を広げる場合に補助されます。
(ハ)27年3月末日(26年度末)までに、上記の例にあるような(チラシ作成など)契約をしなければなりません。
(ニ)申込件数が多数の場合は、審査によって、補助の可否を判断されることがあります。

5.公募要領等については、それぞれの管轄に応じて、下記をご覧ください。