文字サイズ: 小 中 大

秩父・大滝の「藤岩トンネル」拡幅工事の完成

text by

小泉龍司

2015.08.17

 平成22年6月に開催された「二瀬~川又・三峰間国県道早期改良促進期成同盟会」の総会に、私が出席した際に、地元の皆様方から「藤岩トンネル」の改良工事について強いご要望をお聞きしました。
 ご要望の趣旨は、『藤岩トンネルの高さが低く幅が狭いため、三峰神社へ上がる大型バスが通行できないので、改良工事を実施し大型バスも運行可能にしてもらいたい』というものでした。
 この要請を受け、私は直ちに埼玉県に強く働きかけを行い、その結果、翌年度には調査費が計上され、その後引き続いて設計・工事へと、事業が着実に進められてきました。
 ダム側に桟橋を架ける難しい工事であったため、以来5年の期日を要しましたが、この度、去る7月30日にすべての工事が竣工に至りました。
 これにより、「藤岩トンネル」は、高さ3メートル80センチまでの最新型の大型バスの運行が可能になりました。
 最近、三峰神社はパワースポットとして、以前にも増して大きな注目を集め、大勢の新たな観光客が訪れています。
 今後は大型バスが「藤岩トンネル」を通って、三峰神社まで登っていくことができるようになり、利便性は大いに向上致します。このことが今後の観光客の増加に、大きく資することを強く念願するものです。
 なお、国道140号の大滝地内の崩落現場は現在片側通行となっており、ご不便をおかけしておりますが、年内には両側通行路線を開通させるべく、鋭意工事が進められている状況です。引き続き、工事の進捗を強く推進して参ります。

「藤岩トンネル」(二瀬ダム側入り口)

<改良前>

<改良後>