文字サイズ: 小 中 大

「中国高校生友好交流大使500人訪日団」を迎えて

text by

小泉龍司

2015.11.17

1.11月8日から、「中国高校生友好交流大使500人訪日団」第2陣の100名が訪日しました。

2.この「中国高校生友好交流大使500人訪日団」は、本年5月、二階俊博・自民党総務会長が「日中観光文化3000人交流団」として訪中した際の、中国との約束です。
習近平国家主席も出席された「日中友好交流の夕べ」(5月23日)の場において、二階総務会長は、東日本大震災後、温家宝総理(当時)が被災地の子供500人を中国に招へいし、元気づけてくれたことへの返礼として、中国の子供500人を日本に招へいすると表明しました。
  
3.来日中は、学校交流、ホームステイ等を通じ、日本の学生や市民との交流を深めました。日本文化体験、環境・歴史・文化施設訪問などを通じ、内外において高い評価と注目を集める「クールジャパン」にも直接触れ、地方の魅力を感じる機会も持ちました。

4.今回、1982年から埼玉県の『姉妹友好省』である山西省から、この訪日団の第2陣として100名が埼玉県を訪問することになり、その歓迎会が東京ドームホテルで行われました。
 私も、若い世代に日中友好の種子を育んでもらいたいという願いを込めて、今回来日した全高校生と握手し、声をかけてきました。