文字サイズ: 小 中 大

虎山弐千本桜花見の会

text by

小泉龍司

2016.04.04

「虎山弐千本桜花見の会」にお伺いしました。

地元有志の方々が5年前に「観桜会」を設立され、かつては山砂利の採石場であった虎山(東秩父村・坂本地区)に、毎年様々な桜を約2kmに渡り植樹され、年間を通じて手入れをされています。

埼玉県の桜の名所となりつつある1900本を超える虎山の桜が、今年も間もなく満開を迎えます。

春を象徴する花であり、日本人にとって特別な花である桜に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

是非皆様、足を運んでみて下さい。