文字サイズ: 小 中 大

第11回彦五郎祭

text by

小泉龍司

2016.06.28

 200年を超える歳月を経て、今日に伝わる秩父地方の地芝居(秩父歌舞伎)の始祖である「初代坂東彦五郎」の遺徳を顕彰し、追善するため開かれるようになった「彦五郎祭」も11回目を数え、初代生誕の地である、秩父市吉田井上地区にある、吉田やまなみ会館で盛大に開催されました。
 
 会場内が地元の皆さんや、歌舞伎ファンの皆さんなど、多くの方々で賑わう中、数々の演目が披露され、梅雨晴れの一時に、観客の皆さんと一緒に楽しませて頂きました。 

 「初代坂東彦五郎」から広められ、脈々と伝承されてきた秩父歌舞伎がしっかりと継承されていくよう、私も微力ではありますが、文化庁の支援(補助金)の確保に、今後とも全力で取り組ん参ります。