文字サイズ: 小 中 大

道路と森林に関する要望活動

text by

小泉龍司

2016.11.03

 秩父郡市の県議会議員の皆様、市議会議員の皆様により構成されている「秩父地域基幹道路建設促進議員連盟」及び「水と森林を守る秩父地域議員連盟」の要望活動として、関係省庁をご案内させていただきました。

1.国土交通省では、国道140号及び299号の整備促進の要望を行い、特に140号バイパスの延伸と「大滝トンネルの着実な事業化」について強く要望を行いました。

2.また、森林整備を進めるための財源の確保として、
①現状の「温暖化対策税」の一部を木材利用促進に充当すること、及び
②平成28年度与党税制改正大綱において言及された「森林環境税の創設」を必ず実現してもらいたい旨、要望を行いました。

3.森林環境税については、この十数年来、要望活動を重ねてきていますが、昨年末
に上記のとおり税制改正大綱に記載されたことは大きな前進です。

 導入の時期はまだ未定ですが、具体的な制度設計については、林野庁と総務省の間で検討が進められています。

 秩父の森林を守るためには、この「森林環境税」の導入は不可欠であり、必ずやこの「森林環境税」を導入するべく、引き続き今後も全力を尽くして参ります。