文字サイズ: 小 中 大

秩父夜祭「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録決定

text by

小泉龍司

2016.12.01

 秩父祭を含む日本の「山・鉾・屋台行事」(33件)が、ユネスコ(国連教育文化機関)の無形文化遺産に登録されることが決定しました。

 ユネスコの無形文化遺産は、文化の多様性や人類の創造性を示していると判断された芸能や祭り、社会的慣習、伝統工芸技術などが対象です。
これまで世界で336件、日本からは歌舞伎、和紙、和食など22件が登録され、地元では、2014年に登録された細川紙を含む「和紙:日本の手漉き和紙技術」(東秩父村・小川町)の登録に続いて2件目となります。

 私も、国会の「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録を支援する議員の会に所属し、これまで登録の後押しをして参りました。
明日から行われる夜祭がより一層盛り上がることを期待しています。

 秩父市の皆様、おめでとうございます。