文字サイズ: 小 中 大

政府特使訪韓団活動(その2)

text by

小泉龍司

2017.06.14

 11日から12日にかけて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、李洛淵(イ・ナギョン)国務総理、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、韓日議員連盟幹部、与党「ともに民主党」秋美愛(チュ・ミエ)代表など政界関係者のほか、金基文(キム・ギムン)中小企業中央会名誉会長など経済界の要人とも、懇談を行ないました(全会合に同席)。

 文在寅大統領には、二階幹事長から、安倍総理の親書を手渡した後、予定時間を大幅に超過して、約1 時間余り、親密な雰囲気の中で、会談が行われました。日本側同席者4人のうちの一人として、間近でこの会談を経験することができました。

 李洛淵 国務総理とは、会談の後、夕食にご招待頂き、有意義な意思疎通を図る機会を頂きました。

 日韓の間には、難しい課題も存在していますが、韓国の新政権の下でも、最も近い隣国として、未来志向の中で、日韓双方が知恵を積み重ねていけば、これらを解決に導くことができるとの点で、双方の一致をみることができました。

IMG_2826-1.jpg

IMG_2832-1.jpg

IMG_2827-1.jpg

IMG_2823-1.jpg

IMG_2812-1.jpg

IMG_2835-1.jpg

IMG_4062-1.jpg

IMG_4120-1.jpg

IMG_4171-1.jpg

IMG_4189-1.jpg