文字サイズ: 小 中 大

寄居町・宗像神社例大祭の保存伝承

text by

小泉龍司

2017.10.01

 宗像神社例大祭で使用される7基の山車は、長年の使用による損傷が著しく、今後継続して使用することが難しい状況にあります。このような状況の中、地元からの国庫補助金のご要望を受け、私から文化庁に対し、「文化遺産総合活用推進事業」に基づく補助金交付の要請を強く行って参りました。
 その結果、平成二十九年度は、約709万円の国庫補助金を獲得することができ、寄居町の重要文化財である茅町の諫鼓鶏(かんこどり)山車の修復などの事業が進められる予定です。来年度以降の補助金についても、引き続き私から文化庁に対して強力に要請して参る所存でおります。