文字サイズ: 小 中 大

自民党の議員連盟に出席しました

text by

小泉龍司

2017.11.08

 自民党の「学校耐震化・施設整備等促進議員連盟」の総会に出席しました。

 今回の総会では、全国公立学校施設整備期成会の副会長を務める吉田・本庄市長が、公立学校施設整備の必要性について「公立学校の耐震化は全国で98.8%と一段落したものの、空調設備の設置は半分、トイレの老朽化が進んでいる」旨の説明をされました。また、私立学校関係団体からは、私立学校施設の耐震化が遅れている現況等が示されました。

 これを受けて、私から発言を行い、「今回の与党の選挙公約であった全世代対応の社会保障、つまり次世代支援で柱の一つになるのが、私立校も含めた教育施設の整備である。時機を得た今、自信をもって、議員連盟として強力に予算要求を進めていきましょう。」と述べました。

 その後、議員連盟として、次の緊急要望を決議しました。
 今後、政府に対し、申し入れを行っていくこととなります。

緊急要望(ポイント)
1.公立学校施設については、緊急的に必要な老朽化への対策、トイレ・空調を含めた教育環境の改善等の推進
2.私立学校施設については、耐震化の確実な実施
3.当初予算における恒常的に必要な額の確保
4.老朽化・耐震化未了の喫緊の課題に前倒しで対応するため、十分な補正予算等の確保

IMG_6450.JPG

IMG_6427.JPG

IMG_6419.JPG