文字サイズ: 小 中 大

本庄市仁手地区・利根川護岸整備

text by

小泉龍司

2020.02.27

 本庄市仁手地区の利根川では、護岸の一部に川の流れが強く当たるため、護岸が崩れていくおそれがある、とのご指摘を地元から受け、一昨年12月に現地を視察し、その後、国土交通省・利根川上流河川事務所に、現状把握と対応方を、強く要請してきました。

 昨年9月の台風19号による豪雨では、実際に護岸の一部損壊が進んだため、全面的な改修を強く要請していたところ、昨年12月20日、1230メートルにわたり、護岸を全面的に改修・強化することが決定しました。

 同日、620メートル分の国庫予算として、10億6300万円が配分され(災害対策等緊急事業推進費・添付航空写真・緑色)、その旨、12月26日、下仁手集落センターにおいて、お集まりいただきました地区の皆様にご報告をさせていただきました。

 残り610メートル分についても、1月30日に成立した本年度(令和元年度)の補正予算において、10億8600万円が配分されました(直轄河川災害復旧事業費・添付航空写真・赤色)。

 合わせて21億4900万円をかけて、今春まで袋詰めの石で護岸を補強した上で、河道を広げる応急工事を行い、渇水期となる今秋以降、コンクリートパネルを張り付ける工事を行う予定です。

 住民の皆様の安全・安心が確保されるよう、引き続き全力で取り組んで参ります。

202002271h.jpg

202002272h.jpg

202002273h.jpg

現地視察(平成30年12月19日)
202002274h.jpg

202002275h.jpg

緊急事業推進費決定時の説明会(令和元年12月26日・下仁手集落センター)
202002276h.jpg

202002277h.jpg