文字サイズ: 小 中 大

生活支援臨時給付金及び持続化給付金の申請方法と時期

text by

小泉龍司

2020.04.13

その後入手できた情報を取りまとめました。

(1)生活支援臨時給付金(仮称)
休業等により収入が減少し、生活が困っている世帯に対して、1世帯あたり30万円を給付します。
①収入状況を証する書類等を付して市区町村へ郵送で申請することが基本となります。
②オンライン申請についても、現在、総務省において検討しています。
③やむを得ず窓口で申請受付を行う場合は、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染症拡大防止策の徹底を図ります。

(2)持続化給付金
事業収入が減少した中堅・中小企業・個人事業者(フリーランスを含む)に給付されます。
①Web上での申請を基本とします。
②必要に応じ、感染症対策を講じた上で完全予約制の申請支援(必要情報の入力等)を行う窓口を順次設置する予定です(詳細検討中)。

(3)申請の時期
両給付金の支給に当たっては、令和2年度補正予算案の成立後(4月24日又は28日成立か?)、5月には支給できるよう政府は準備を進めています。

(4)参考
総務省HP・生活支援臨時給付金(仮称)について
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

経済産業省HP・持続化給付金について
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf