文字サイズ: 小 中 大

社会福祉協議会の緊急小口資金と総合支援資金

text by

小泉龍司

2020.04.15

 社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた「緊急小口資金」と「総合支援資金」の特例貸付を実施しています。
 緊急かつ一時的な生計維持のための貸付が必要とする世帯は、最大20万円の貸付(1回限り)を受けることができます。また、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯は、月20万円以内(2名以上の世帯の場合)で原則3か月以内(合計60万円以内)で貸付を受けることができます。
 詳しくは、各市町村社会福祉協議会にお問い合わせください

コロナ資料_no2_page-0002hp.jpg