文字サイズ: 小 中 大

多機能型福祉施設「にじいろテラス」を視察

text by

小泉龍司

2020.09.18

 秩父市社会福祉事業団が整備した多機能型福祉施設「にじいろテラス」が秩父市寺尾に完成し、令和2年8月1日より業務を開始しました。
 「にじいろテラス」は①2歳から6歳までの児童発達支援事業、②6歳から18歳までの放課後デイサービス、③障害者の生活介護、④高齢者のデイサービス、⑤障害者の相談事業の5つの事業を行う、国の進める共生型サービスの先駆的な多機能型福祉施設です。
 子どもたちはお年寄りから「知恵」を、お年寄りは子どもたちから「元気」を受け取ることで、共に生きる喜びを共有したい、との思いが込められています。
 この施設には、事業団の職員の方々のこれまで培ってきた経験やノウハウを設計、福祉機器などに反映させ、通所する方々にとって利用しやすい施設となっており、私も開所に向けてお手伝いをさせて頂きました(総事業費約6億円・うち国費約1億5000万円)。
 視察した際は通われている子供さん方が施設から家へと帰る時間と重なり、私にもにこやかに、元気よくバイバイと手を振ってくれました。
 小さなお子さんから高齢の方まで、世代や障害の有無を超えて繋げてくれる、まさに虹の架け橋のような施設なりますよう、ご祈念申し上げます。

119659797_3460673397330687_2589355324107970183_n.jpg

119706663_3460673453997348_1079599229646787025_n.jpg