文字サイズ: 小 中 大

漆黒の闇に幻想的な蛍の舞ー長瀞町風布ホタルの里ー(長瀞町)

text by

小泉龍司

2007.07.09

 先日、長瀞町の風布の「ホタルの里」で白鳥睦会・蛍部会の皆さんの主催により、ホタル鑑賞会が開催され、私も参加させて頂きました。草の中に点滅する平家蛍、闇に舞う源氏蛍の光は、漆黒の闇に溶けて、とても幻想的な空間を演出していました。

 驚くことにこの「ホタルの里」は、6年前までは、大型ゴミの不法投棄のゴミ捨て場になっていた場所です。それを、何とかして清水の流れるせせらぎに甦らせたいという熱意を持った地元の有志の人達が、5年前から大型ゴミの片付けを始めました。3年程は不法投棄とのイタチゴッコでしたが、だんだん投棄も少なくなりました。

 一昨年のゴールデンウイークには地元風布の人達、そして井戸の若い人達によって、野積みの6トンもある大型ユンボから廃車2台までを片付けて、さらに、町の協力により水路を作り、橋やべンチなども設置し、周辺には緑と花も植えました。その結果、おおぜいのボランティアの皆さんの力によって、小公園の形ができました。

 それ以来、ホタルが飛び交う理想郷となり、幼い子供たちがホタルをにぎりしめて自然の不思議を体感できるようになりました。この日も東京からの家族連れがオートキャンプ場で話を聞いて訪れていました。徐々に口コミで自然にひろがっていくのが良い、ということで、今年で5年目を迎えましたが、7月上~中旬までホタルが見られるそうです。ぜひ一度出かけてみて下さい。所在地等は当HPにお問合せ下さい