文字サイズ: 小 中 大

母の介護に直面して感じる自分の将来への不安

text by

本庄市 柳 恵美子

2008.03.21

 今まで「介護」という言葉は他人事でした。幸い両親も健康で、特に大きな病気・事故もなく過ごしてきました。元気だとはいえ高齢なので、何があってもおかしくないと思いながらも、私には無縁のことと思っていました。

 しかし、ここ数年母の具合が悪くなり、今では介護認定を受けています。ひとりでは歩くどころか立ち上がれない状態です。デイサービスやヘルパーさんに助けていただいていますが、毎日の生活となると大変です。

 と同時に、まだ先の自分のことが不安でなりません。20年後30年後、私自身ひとりでは何もできなくなった時、どうなるのか。私が支給される年金ではどうにもなりません。子供も男の子ひとり、あてにはできません。財産があるわけではなく、暗い未来しか見えません。

 そんなことを考えると、母は恵まれているとため息をつき、優しくできなくなることさえあります。そんな不安を解消して頂けるようお願いします。