文字サイズ: 小 中 大

【特別寄稿】小泉さんのホームページに勇気づけられました。

text by

大分県在住 Sさん

2008.05.20

 何気なくアメリカの医療制度(ムーア監督作品を観て)を調べていると、このホームページに行き着きました。政治家のホームページであることがわかって、ビックリしてます。落選中であることもビックリしました。

 政治家にはほとんど興味もありませんでしたが、このホームページの中身には考えさせられました。現在、事業を営まさせてもらっていますが、日本経済には本当にウンザリです。

 汗をかいたり、真っ直ぐに労働している者が報われることなく、また今日の国の土台を作ったお年寄りの先輩たちに無礼な政策等。 真っ直ぐに生きている人、真っ直ぐに行こうとしている者が報われる社会を作っていただきたいと思います。埼玉は遠く選挙区外ですが小泉さんのような政治家が活躍できる政治を待望します。勿論、傍観者でなく。

 ホームページのこの箇所には本当に勇気づけられました。

 『現代日本の政治と社会の暗黙の基本原則になってしまった感のある「自由競争」や「自己責任」という考え方は、誰もがいつも健康で自分の力だけで生きられるという「幻想」の上に成り立っているのである。現実の生活の中で、この「幻想」は、いとも簡単に崩れていく。その時、「幻想」の上に作り上げられた制度や政策は、それらの人々を救い上げることはできない。それらの人々とは、誰のことでもない。すべての人が明日その当事者になり得るーー「老いること」「病気」「離婚など家族の離散」によって。
 社会的経済的勝者が「自由競争」や「自己責任」を振りかざし濫用することを戒め、人が自分の力だけで生きていけるという「幻想」の先にある、人が生活し生きていくことの「実像」に、しかと目を凝らすこと、それが今、厳しく政治に求められている。』

 私も今までの生き方が「幻想」であったことに気がつきましたから。やり直しに当たり、小泉さんのような政治家が居ることに安心しましたから、頑張ってみようと改めて思いました。ありがとうございます!