文字サイズ: 小 中 大

小泉龍司に共感!

text by

深谷市 西村

2008.08.22

 今の自民党政治には、うんざりしています。
 昨年夏の参院選では自民党が大敗し、野党が参議院の過半数を握るねじれ国会になりました。しかし参院で否決された法案も、自民党は郵政選挙で得た議員数を使って、衆議院で再可決し、成立させています。
 今のような世の中になったのは、小泉元総理による構造改革に問題があったと思います。痛みを耐えて欲しいなどと訴えていましたが、痛みがひどくなるばかりです。原油高による物価の上昇、大都市と地方の格差も広がる一方、構造改革により恩恵を受けているのは、一部の大企業だけだと思います。
 ガソリン税などの暫定税率についても、財源が足りないということで、一ヵ月ですぐに税率が元に戻りましたが、まずは徹底的に無駄をなくしてからでないと、こうした措置は納得できません。
 高額な給与を貰っている国会議員の方々には、ガソリンが高騰しようとも、食料品が値上がりしようとも、痛くもかゆくもないんでしょうね。
 小泉龍司さんのホームページを拝見していますと、地域のイベントに参加したり、意見を聞いたりと、現場の声に耳を傾けて、庶民目線で政策を考えているようで、共感するところが多いです。医師不足の問題にしても、私も今持病があり医者に掛かっているので、医師不足であることも実感していますし、ワーキングプアが生まれる原因の一つである、派遣社員の問題も、早期に何とかしなければいけない問題だと思います。
 政権交代や政界再編を行っても、全てが解決するとも思えませんが、やはり早期に解散・総選挙を行い、国民に民意を問い、そして世の中が良い方向に向かってくれたらと願います。と同時に、自分のできる事を見つけて取り組んでいこうと考えています。