文字サイズ: 小 中 大

「負のスパイラル」政治からの脱却を

text by

Tさん(本庄市)

2008.12.17

 前回の衆議院選挙で、小泉総理とマスメディアにすっかり騙され、自民党及び構造改革に大賛成を示した自分でしたが、現在に至り、本当の正しさとは何なのか?が少しずつわかってきました。
 そして自分の地元(埼玉11区)に、このような正しい政治信念を持つ男(小泉りゅうじ氏)がいる、という事実に気がつきました。 正しい人間が野に下っていては、日本が良くなるわけがありません。是非とも当選して、日本を正しい方向へと導いて下さい。
 現在の日本政治は限界にきています。平和に慣れてしまった国民は、自分で思考せずにマスコミの言いなりですし、世襲で当選した二世三世議員では、到底、優秀な官僚たちに太刀打ちできません。国民主権の国民が思考を放棄してしまい、その結果、そのことにより当選している議員も思考停止。さらにその結果、本来サポート役であるはずの官僚が、なぜかリーダー的なポジションに立ち国家運営の柱になってしまう。
 こうしたデフレにも似た「負のスパイラル」が発生していると私は思っています。 この負のスパイラルから脱却するには、しっかりとしたブレない信念を持つ政治家がどうしても必要です。小泉龍司さんの在り方に、それを感じました。
 小泉龍司さんの政治理念に共感し、できる限りの支援をしたいと考えております。 若輩者ではありますが、お手伝いが必要な時はいつでもご連絡下さい。ぜひとも、頑張って下さい。