文字サイズ: 小 中 大

小泉さんの選挙区ではありませんが…

text by

【特別投稿者】Fさん(兵庫県)

2009.03.07

 兵庫県在住ですので、小泉さんの選挙区ではありませんが、小泉さんのホームページでは、意見や要望を聞いて下さるので、思わず書いてみたくなりました。兵庫5区の現職さんのホームページを見ましが、意見を聞いてくれるような仕組みにはなっていないようです。
 私は、いわゆる団塊の世代です。私の周りでよく話題になるのは、以下の3点です。
(1)最近の国会や霞が関は、与党も野党も国民のことを忘れ、政局に終始しているのではないか。
(2)マスコミは、責任や義務を忘れて堕落しているのではないか。
(3)この国の行く末が不安であり、愚痴っているだけではなく、庶民レベルで具体的な行動を起こせないか。折りしも衆議院選挙が近づいていますので、ネットを使って、庶民レベルで意思表示を大きくできぬものかと思っています。

(小泉龍司の返信)

 おっしゃるとおり、選挙区を超えた有権者の方々の連帯により、政治が動く時代が近づいていると思います。オバマ大統領誕生の過程を見れば、日本にも間もなくそういう時代が来ると、感じます。
 ネットが大きな力を発揮することにより、マスメディアの誘導とフィルターを通さない情報の交流と世論の形成が間もなく可能になると思われます。そのことにより、政治がより多くの有権者の意思で動く時代になります。
 そうした形で、政治の質を高めていくことが、極めて重要であると思います。より具体的に申し上げれば、有権者の方々のネット利用比率が増加して一定水準に達し、他方、政治サイドのきちっとしたタイムリーな情報提供と思考過程の開示が進めば、政治家は自らのサイトを通じて、いわば世論調査を行うことができるようになり、多様な世論に一層広く深く触れ、触発されていきます。また有権者間の意思疎通も進むと思います。
 あと5年くらいはかかると思いますが、必ずその方向に進むと考えています。
 こうして、普通会えない兵庫県にお住まいのFさんと意見交換できることも、その過程における貴重な一歩だと感じております。
 これからも、こうして頂いたご縁を大切にさせて頂き、いろいろご教示頂きながら、頑張って参りますので、どうかよろしくお願い致します。